マンスリーマンションのメリットとデメリットを知っておこう

マンスリーマンションとは何か

1990年代から徐々に名前が広まって来たマンスリーマンションですが、未だに普通のマンションとの違いがわからない人もいるかもしれませんね。実際にマンスリーマンションには一切関わりがない生活をしている人なら、その意味がわからなくても仕方がありません。マンスリーマンションとは月単位で借りることが出来るマンションのことです。普通の賃貸マンションの場合は、契約期間が1年ないしは2年であることが多くなっています。

マンスリーマンションは手続きが簡単!

マンスリーマンションのメリットはなんと言っても手続きが簡単なことですね。元々1ヶ月程度しか住むことが予定されていない人が住むため、出来るだけ手続きが簡単な方がいいのです。1ヶ月しか住まないのに手続きに1ヶ月近くかかってしまったとすれば時間の無駄もいいところです。手続きでは、敷金を渡したり礼金を払ったりする必要はありません。そのためラクに借りることが出来ます。また、保証人も必要ないところが多いです。

いざと言うときに借りやすい

マンスリーマンションのもう一つのメリットはいざと言うときでも借りやすいことではないでしょうか。例えば、家族が入院してしまい、その入院した先が実家からは離れている場合、入院の期間だけマンションを借りることもできます。また、地方に住んでいる受験生に大学受験が迫っていて1月の終わりから2月の終わりまで数回にわたり都内で受験がある場合、受験のたびに行き来するのでは時間がかかりますし、体力的にも大変です。この時、マンスリーマンションを利用することが可能です。

マンスリーマンションとは、1か月単位で借りる事のできる住宅です。家具・家電が初めから設置されているので、気軽に利用する事が出来ます。